えむしとえむふじんがあらわれた

オタクな夫婦が書く日常とか思った事なんかのアレコレに思い出話とか。三人の子持ちです。

スポンサーリンク

アクセスをお金で買う!Facebookページの有料広告を試した話

\フォロー!/
\シェア!/

f:id:mshimfujin:20181104133345j:plain

 

こんにちは、えむしです。先日、少し興味があったFacebookページの有料広告を試してみました。

 

最初に

当サイトのfacebookページがコチラですよ。

https://www.facebook.com/mshimfujin/

mfujin.blog.jp

上記の「えむふじんがあらわれた」の記事に広告を出しました。

普段のアクセスに関する数字は、平均で見るとおおよそ12,000 UU(サイトを訪れた人)でPVも40,000弱ほどです。

 

Facebookページからどれくらいの人が見にきてくださっているのかと言うと・・・。

f:id:mshimfujin:20180922194922j:plain

こんな感じ。

2018年9月2日現在で読者数は250人。実際にサイトに記事を読みに来てくださっているのは41〜45人となっています。

広告を出す前にすること

では、広告を出す前にするべき事柄を見ていきます。

記事選び

今回は敬老の日に広告を出したので、コチラの記事を広告に出しました。

mfujin.blog.jp

せっかく広告を出すのですから、興味を引く記事を宣伝したいですね。

予算決め

そして、次に予算。

今回はあくまでテストケース。あまり大きな金額を掛けるのは抵抗があります。

600円から試せるようですが、今回はキリのいい1000円です。

24時間試すことにしましたよ。

Facebookページの広告を出す手順 

さぁ、先ずは広告ボタンをポチりましょう。

f:id:mshimfujin:20181028220748j:plain

好きなので結構です。

今回のケースはこの中で言うと画面の一番下の「投稿を宣伝」ボタンを押しました。

f:id:mshimfujin:20180922172142j:plain

ちなみに、この「他の投稿の65%よりも高くなっています。」ってしょっちゅう表示されます。毎回ではないけれど。

リーチ数とかアクセス数ほとんど同じなんで基準がわかりません。 

設定項目

項目が多いのでざっと見ていきます。でも難しくはありません。

f:id:mshimfujin:20181028221425j:plain

目的は適切に設定しましょう。その目的に応じてボタンも適切なものに。

「購入する」「予約する」などもありますが、「詳しくはこちら」が汎用性も高くていいと思います。

で、広告をどんな人に対して出すのかのオーディエンス設定。

f:id:mshimfujin:20181028222159j:plain

細かく設定できるので、お好みで設定してください。自動の設定もあるので、面倒や絞り込みが必要ないならそれを利用しても良いでしょう。

予算と予測

さて、予算と期間は先ほども書いた通り1000円で1日。

f:id:mshimfujin:20181028222716j:plain

「3日間」「5日間」「7日間」とありますが、期間は手動でも選べます。

今回は1日です。

推定リーチは2000人〜8000人のようです。

8000人・・・は無理としても半分の4000人に対して広告が届けば良いかなと思いました。

その内、2%くらいが広告を踏んでサイトへ飛んでくれると期待すると、80アクセス。

80のアクセス数を得るために1000円を投じると考えると安くありませんが、アクセスに至らずとも多くの人の目に触れる(広告が表示される)事をまずは第一目的に考え、納得しました。

支払方法を決める

さて、最後にコチラを。

f:id:mshimfujin:20181028223802j:plain

クレカやら銀行口座やらを色々入力するのも面倒なので、今回はPayPalを選択。

「次へ」を押すと注文が受注され、審査が始まります。

f:id:mshimfujin:20181028224628j:plain

あとは審査が終わるのを待つだけ。

30分ほど待てば審査は終わり、即時広告が配信されました。

広告はどこに出る?

  • デスクトップニュースフィード
  • モバイルニュースフィード
  • インスタグラムフィード
  • Instagram Stories
  • Messenger受信箱

この5つです。

Facebookだけではなく、Facebook傘下のInstagramにもこの広告が出るのがこの広告の面白いところですね。

f:id:mshimfujin:20180922201134j:plain

各々のフィードで自然に見える形で配信されます。

結果

さて、広告を出して24時間が経過し配信が終了。

このような数字で落ち着きました(途中経過などもfacebookページの管理画面で確認できます)。

f:id:mshimfujin:20181028230027j:plain

リーチした人数(広告を目にした人)は1684人。

目標4000人・・・だったはずが最低ラインだと表示されていた2000人も大きく割り込んでいます。どうなってるん・・・。

しかし、リンクをクリックしてサイトを訪れてくれた人数は142人のクリック率8.4%。

反省会

では、結果を受けて反省会を。

f:id:mshimfujin:20181028202255j:plain

80アクセスあれば良しと考えていたので、142アクセスと言うのは悪い結果でも無い気はします。しかし、「リーチ数2000〜8000と告知されていた中で、実際は1684」では広告の表示数が少なすぎます。多くの人の目に広告を見てもらえればと考えての広告だったので、目的は達成されたとは言い難いです。

さらに、とても残念だったのが予算の消化率。約36%ですよ・・・。

たった357円の消化で1日が終わってしまいました。 

この辺は期間ではなく予算を使い切るまで広告が出るとか、そう言う設定が欲しかったです。

記事選びに失敗した気がする

「敬老の日にクッキーを焼く」話を広告を出したのですが、安易な時事ネタを狙うよりも興味を引くような実績の出た記事から広告に出す記事を選ぶべきだったかなと思いました。

mfujin.blog.jp

例えば、Facebook広告を出した近辺で広くよく読まれた記事だと、これ。

検索にも引っかかったお陰で単体で4万PVほど行ったので、もう飽きられていたかと思いましたが、11月頭の今もTwitterなどからボチボチ読まれています。

新しい読者を開拓するための広告を出すなら、こう言う記事が良かったかもしれません。

最後に

mfujin.blog.jp

えむふじんがあらわれた」はライブドアでブログを運営している関係上、 検索と読者さんを除けば「ライブドアブログ」を回遊している方が、ブログを読んでくださることが多いです。

11月4日現在で読者さんは6300人ちょっと。最近は新規読者の開拓もなかなか渋いし、ライブドア関連からの呼び込みだけではなかなか人は増えそうにありません。

読者をもっと増やそうと思うとSNSを利用するしかないのかなと考えています。

ツイッターのフォロワーもまだ1000人ほどですし、大手とは開きがあり過ぎます。特にSNSで活動をしているわけでもないので当然といえば当然ですが。

次も広告を試す?試さない?

例えば一ヶ月間毎日広告を出し続けて見ても面白いかなとも思いました。

1万円で30日間広告を出すのなら、予算も消化できそうです。

ただ、効果の見えない広告に1万円も払うのは正直勇気がいるし、収入がアドセンスだけなら1ヶ月で回収は無理です。

1日辺りの最低予算は100円なので、3300円あれば1ヶ月間の広告を出せますが、あまり安すぎるとリーチも数も少なくなるので広告なんで出すん?って事になりかねませんよね。

仮に次回があったとしても相当先になるだろうなあ。 ではでは・・・。

スポンサーリンク


2週間無料です!
まずはお試しあれ〜!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

その他