えむしとえむふじんがあらわれた

オタクな夫婦が書く日常とか思った事なんかのアレコレに思い出話とか。三人の子持ちです。

スポンサーリンク

【あらすじ・感想】「山田孝之のカンヌ映画祭」が凄い 第4話 山田孝之 金を集める

\フォロー!/
\シェア!/

f:id:mshimfujin:20170114103744j:plain

 

こんにちは、えむしです。第4話は制作したパイロットフィルムを武器に、資金をなんとか調達しようと言うお話です。

 

山田孝之は、プレゼンに向かった

物語は撮影用のバンと思しき車内から。

山田孝之、芦田愛菜、山下監督の三人で移動しているようだ。

前回完成したパイロットフィルムを事前に見せてもらってないと軽く不満を漏らす山下監督。

山田孝之は現場で見せるという・・・。

 

今日その、プレゼンで俺、俺初めて見るんだけどぉ、そもそも、その、ど、どこにプレゼン・・・

 

今からすっか?今からはもう東宝に行きます。

 

東宝・・あの東宝だよね?・・・映画、映画の東宝

 

ハイ

 

行くんだ・・・

 

東宝!?

しかし行き先も、パイロットフィルムも見せられていない山下監督(笑)

パイロットフィルムに携われない監督って一体・・・。

 

やったことある?プレゼンとかって・・・

 

 

無い・・・あ、なんか学校ぉ、とかであのー何か調べ学習とかして発表みたいな感じはやったことある・・・

 

 

じゃあ大丈夫

 

 

監督も段々おかしなことになってしまっているなあ。

芦田さん、小6だよ?小学校の発表を経験しただけで何がどう大丈夫だというのだ・・・。

と思ったけれど、芦田プロだもんな、大丈夫かもしれないな。

山田孝之たちは東宝でプレゼンをする

東宝の本社に到着した山田孝之たちは、映画プロデューサーの山内さんと名刺交換。山下孝之とは何度も仕事を一緒にこなした事もある中のようで、山下監督も面識こそ無いけれど、色々とご存知な様子。

和やかな雰囲気でプレゼンテーションに入る。

 

えーっと、まあそもそもがですね、カンヌに映画を持っていくつもりでいて、そこで賞を獲るため、の作品だと考えてもらえればいいです。

 

 

山田くん、が出演、を・・・

 

 

あー出演はしないです。今回はプロデュースという形で。芦田さんが主演、です。

 

 

芦田さんが主演、ほぉぉ・・・なんか脚本、とか・・えーっと

 

 

今はまだはっきりと脚本とか無いですね。

 

 

山田は規制の映画作りに縛られたく無いため

現時点でプロットや脚本を作るつもりはなかった

そして作品の世界観を伝えるために、パイロットフィルム「穢の森」を観てもらう事に。なぜか山下監督も初見なんだな・・・

穢の森(けがれのもり)/ La forêt de l'impureté

プロデューサー 山田孝之 / 監督 山下敦弘

pilote 1'37''

 

撮影の時は黄緑色に見えた部分が、出来上がったパイロット版では加工されて、重く錆びた・・・アシッドな雰囲気の画面にしあがっている。

その中心にいるのは、首を吊られた男性。プラプラと力なく揺れている。

森の中に横たわる、荒い息遣いの芦田愛菜さん。

困惑しつつもゆっくりと目を覚まし、痛みと苦しみに顔を歪める。

体を起こして軽く辺りを見渡す。

足元に落ちている包丁を見つけ拾い、そしてよろよろと立ち上がる。

包丁を握りしめ、首を吊った父親とおぼしき男性をバックに、慟哭に似た絶叫。

そしてタイトル。

La forêt de l'impureté

漢字で縦書きに

穢の森と出ている

 

ハァハァと静かな芦田さんの息遣いが聞こえ、終わる

 

タイトルやスタッフの紹介もフランス語だった。

 

今までの山下さんの作風とは全然・・・これもディレクションされてるわけですよね。このPVは。タッチが全然違いますよね

 

 

なんか、これを今見て、あ、こう言う事をやりたい。まず、まずまずはやりたいんだろうなっていうのを今初めて知った・・・初めて観たもんね

 

 

ハイ(ニコニコ)

 

 

愛菜ちゃんも初めて観た・・・

 

 

ハイ(ニコニコ)

 

 

パイロットフィルムを観て、山下監督や芦田愛菜さんの話を聞いた後の山内プロデューサーは、かなり戸惑っている様子。

山田孝之がこの映画で何を描きたいのかが全く掴めないといった感じ。

どんなジャンルに仕上げたいのか、後ろで吊られている父親役を山田孝之が演じるつもりがないのかを尋ねるも、山田孝之はジャンルも考えてないし、今は演じるつもりは無いと否定する。

芦田愛菜さんが今までとは違う役柄を演じる事も挑戦だし、山田孝之が制作側としてバックアップに徹する事も挑戦だと熱弁する。

さらに山田孝之は東宝作品もカンヌのイメージが無いと言い、山内プロデューサーもそれを認める。

 

みんなにとって挑戦になる

 

そうやって山田孝之は挑戦をキーワードに説得を試みる。

畳み掛けるように「穢の森」のポスターも貼りだして、映画の雰囲気を伝えようと熱を伝える。これまた山下監督も芦田愛菜さんも初見である。

山田孝之が本題に触れる

 

ん〜まあ率直に言うと制作費の問題なんですけど〜

 

 

はい、どれくらいを考えらてるんですか・・・?

 

 

まあ1億

 

 

・・・1億(まじかよ!?みたいな表情で)

 

 

山内プロデューサーは金額の大きさに一瞬絶句し、社内的にも話を通しにくいのでプロットなり脚本なりを求める。

 

東宝というあれで考えたら、1億という〜額はその、大きくは無いですよね

 

 

ん〜まあ・・・その金額の多寡というよりは、そのー・・・そこ、で合意が、このお話をやろう!て言う、ところの合意って言うのが・・・まぁできれば脚本のかたち〜なのが、まぁベストといえばベスト・・・ですねえ・・・

 

 

山田孝之は山内プロデューサーの歯切れの悪さからか、苛立ったような表情で伏し目がちに頬杖をつきながら、机を爪先でカツカツと何度もノックする。

 

まぁ僕もこう言う形では初めてですけど、結構東宝さんとはいっぱい仕事してきたので、ここはある程度こー、信用してもらえるんじゃ無いかと踏み切ってここまできたんですけどー。

 

 

信用してますよ!勿論。たくさんお仕事、もしてるしー・・・

 

 

山下監督と芦田愛菜も山田孝之を応援するように撮影の苦労を語り、そして・・・

 

ぜひ1億円、よろしくお願いします♪

 

 

半分苦笑いしながら絶句する山内プロデューサー。

芦田愛菜さんさすがです。小学生が言うセリフじゃ無い(笑)

 

そして、さらに畳み掛けるように

 

今までその、東宝で仕事してきたのまとめて、ですね。現段階で、え〜大体450億位の興行収入。まぁ、これとあと、「何者」と、「ウシジマくん3」「(ウシジマくん)Final」。500億位は、行くかな、と。

 

いやらしいわ山田孝之(笑)

ここまで言われたら山内プロデューサーも笑うしかない。もう苦笑い通り越して爆笑一歩手前。

 

こんな矢が飛んでくるとは・・・

 

と思わず呟く。

具体的すぎる数字を出して攻勢をかける山田孝之。

山下監督はさすがにそれは言い過ぎだと諌めようと声をかける。

 

数字を出すのは、あんまりあれじゃ無い?

 

 

だって数字の話をしに来た

 

 

しに来たんだよね、そっか・・・

 

 

全く諌められない。

芦田さんも「のぼうの城」で東宝で仕事しただとか言う情報を更に上乗せする。

 

すごいリストを持ってますね・・・

 

 

山内さんもこれには参った様子。しかし、態度が煮え切らない。

 

あーじゃあもう単純に即決はできないって事っすか

 

 

それはー、だって、私だけでじゃあそのー出資ー、なり企画なりのゴーサインを今この瞬間にって言う・・・

 

 

そうです

 

 

それは難しいですよ

 

 

・・・・・・

 

ありがとうございました。

 

 

すいませーん・・・

 

 

パイロットフィルムとポスターだけでは

山内さんの判断で決められないという結論に至った

山田孝之はソニーインタラクティブエンターテインメントに行く

東宝と同じ時のように名刺交換から始まり、今度はいきなり出資を申し出る。

 

一度話を・・・聞いてもらおうかなと思って。

 

 

あ、そういう事ですか・・・ハイ

 

 

SIEの担当の方は既に真顔である。

 

で、そのまあ、えー(私が)作る映画の監督。えー、芦田愛菜さんが主演でと言う・・・で、山田くんがプロデューサーと言う・・・

 

 
 

なんかゲームー、とかに展開でされるような、映画ですか?

 

 

 

できそうだよね

 

 

できると思います!(即決)・・・ハイ。

 

 

と言った直後、画面に現れたのはパイロットフィルムのラストシーン。

首吊を吊った男性と、包丁を持って鬼の形相で「ぅゔぁあああああああああ!!!」と叫ぶ芦田愛菜さん。

SIEの担当さんは「これ、ゲーム化できねーだろ」みたいな深刻な顔つき。山田孝之たちに無言で訴える。

その後ゲームになったら面白いとかって気持ちのこもらないトークが続いた後に

 

ちなみにー、出資っていうのはおいくらを〜・・・

 

 

えーっと、まあ1億、あれば出来るかなと。

 

 

数字が飛び出し、また空気が凍る。

 

プレステ4って今どの位、売れて・・

 

 

あのー、お陰様で順調に、あの、伸びてます。山田さんのCM作らせて頂いて

 

 

それでいくらか伸びましたか

 

 

お陰様で、伸びています・・・。

 

 

わー、そりゃよかったと山田孝之は呟く。

東宝の時と同じ戦法でいくのかと観てるこっちが一瞬ひやっとした(笑)

 

お父さんがプレステ持ってます♪可愛いですよね、あれ(トロを指差して)癒される顔してますよね

 

 

全体の概要が見えると経営会議にかけられないと担当の方が話し、それに対してゲーム化も出来るから(嘘)と山田孝之は言う。

そして・・・

 

1億円、よろしくお願いします♪ご検討を・・・すいません。

 

 

・・・わざわざお越しいただいて、ありがとうございました・・。

 

 

 

芦田愛菜さんの、「1億お願いします」がまた炸裂。

一瞬も和やかな空気になる事はなく、SIEでのプレゼンは終了。

最後は明らかに迷惑そうな顔。

この後すぐに、ソニーインタラクティブエンターテインメントからは丁重なお断りがありました。

語り:長澤まさみ

そりゃそうだよね(笑)

山田孝之はとうとう出資者を見つける

東宝とSIEに出向いた2日後、山田孝之たちは六本木にいた。

出資してくれそうな人を見つけたという。

山田孝之一行はビルの中に入り、バーのような店に入っていく・・・。

 

なんか俺のファンで、Twitterで見つけたんスけど、まぁ割と羽振りが良さそうな人で。丁度ガールズバーを、多分、正に今日オープンする、みたいで、池袋の。

 

 

バー、その人はここにいるの?どういう事?

 

 

すごいキラキラ・・・(バーの入り口を見て)

 

 

ここはその人の店じゃなくて知り合いの店

 

 

あー、違うんだ

 

 

先週、予告でウシジマくんの撮影現場かと思った場所はここ。

バー(キャバクラ?)の中にいたのは、山田孝之が言うように本当に羽振りの良さそうな若者だった。住所もガールズバーも、Twitterのアカウントも実在するけれど、本当に素人さんなんだろうか・・・?

 

・・・ほんもんだぁ!

 

社長の彼は名刺交換をしながら、本物の山田孝之や芦田愛菜に感激している様子。

 

山田孝之はざっくりとカンヌの話、出資者を探しているという事を話す。

 

カンヌ映画祭を目指すための映画作ろうと思ってて。あのー、出資してくれる人を、まあ率直に言うと探していて、まあ、見かけちゃったので、Twitterで。

 

ガールズバーの社長さんは、連絡を入れた山田孝之を本物だとは思ってなかったようだ。

 

しかし、4人のいるバーはギラつきがすごい。

ミラーボールみたいな紫色のライトが、山田孝之や芦田愛菜さんを照らす。

バーの内装は1億円かかっているらしい。

山下監督は社長さんに対して不安を覚える

芦田愛菜さんと社長さんを残し、少し離れたところで話す二人。

また山下監督がちょっと良い?と言って二人になったのだろう。

 

じゃあちょっと、初めて会うんだよね?初めて会う・・

 

 

会うのは初めてっす。ちょっとダイレクトメッセージのやり取りはしています。

 

こんなやり取りをしている間、芦田愛菜さんはガールズバーの説明を受けていた・・・小学生やで???

 

そして、戻って来た山田孝之が山下監督を代弁する

 

映画をそんなに知らない人と組むのは大丈夫かって言う不安です

 

不安というか、僕初めて会うし。ここに今くるまで誰と会うか分からないし

 

 

知らない事別に、こっから知っていけばいいんことなんで。山下さんもカンヌ知らないですし。

 

(カンヌは)知らない・・・

 

ああ、山下監督・・・

そして、

 

俺本当に好きなんで・・大好きなんですよ、本当に。だから・・協力はしたいんですよね、なんかしら。それが自分の、なんて言うんスか、ステータスにもなるって言うか。

 

 

(山田に対し)金額的な事言ってもらって・・・

 

 

いくらなのかって言うのが・・・。

 

 

えーと、理想で言うと一億。

 

 

い、1億・・・

 

 

この映画を作るにあたって。・・・全部で。

 

 

(山田に対して)お願い聞いてもらえます?

 

 

ハイ、なんスか?。

 

 

サインと写真と・・・クローズのワンシーン演りたいんですけど。

 

 

え、これは!?

サインをして写真を撮る山田孝之。でも小栗旬に悪いという理由でクローズZEROの再現はなかった(笑)

 

これは・・・一応一緒にやってもらえるって事に・・・なったんだよね?

 

出します。

現実的な話で言ったら2000万位なら。

 

 

sugeeeeeeeeeeeeee!!!!!

 

羽振りの良い人が言うだけに、2000万と言う数字が、なんか生々しい。

1億必要と言ってはみたものの、山田孝之もさすがに無理ない程度には、とお願いする。

 

 

じゃあ後、8000万を、まぁ色々声かけて集める・・・と!

 

いろんな後輩だったり・・・。いっぱい起業してる奴多いんで、僕の周りは

 

 

山下監督、途端に現金に。

しかし後輩さんらは大丈夫なんだろうか・・・

 

よろしくお願いします

 

 

よろしくおねがいしまーす♪

 

 

こうして山田は出資を得られる事になった

まとめ

芦田愛菜さんの1億円宜しくお願いします!の破壊力がすごかった第4話。

東宝でもSIEでもお金に対して圧がすごかった・・・(笑)

山下監督も出資してもらえるとなったら、一緒に仕事をする不安なんて吹き飛んでいるように見えた。そのせいで小物感が凄い。

 

映画に出資すると言った方は、本当にお店をやってらっしゃるようで、ググってみるとガールズバーのホームページなんかが出てきます。

次回 第5話 山田孝之 カンヌを下見する

今度の話では実際にカンヌに行って下見している様子が流れていました。

下見・・・なのかな??

 

カンヌを楽しんでいるだけにも見えるけど、果たして!?

 

エンディングは芦田愛菜さんが合同会社カンヌの中で。芦田愛菜と山田孝之はポスターを壁に貼って、その前で記念撮影。

 

最後にガールズバーから帰る芦田愛菜さんから社長にあの一言が炸裂する・・・

 

1億円、よろしくお願いします♪

 

ハハハ・・・1億円って言わないで・・・

 

山田孝之のカンヌ映画祭 フォトギャラリー:テレビ東京

宣伝

前作の「 山田孝之の東京都赤羽」はAmazonプライム・ビデオで観られます。もしよろしければチェックしてみてください。二週間の無料体験もありますよ。

 

ひかりTVなら「山田孝之のカンヌ映画祭」の一週間見逃し放送があります。放送六日前には次回の話が見られます。

※「ぷらら光」「ぷららモバイルLTE」「フレッツ光」「フレッツ・ADSL」のいずれかの接続サービスをご契約の方は、「エントリープラン(月額350円)」を無料でご利用いただけます。 

山田孝之のカンヌ映画祭あらすじ感想

>第1話

>第2話

>第3話

>第4話

>第5話

>第6話

>第7話

>第8話

>第9話

>第10話

>第11話

>第12話

お題「楽しみにしているテレビ番組」

スポンサーリンク


2週間無料です!
まずはお試しあれ〜!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

その他
PVアクセスランキング にほんブログ村