読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむしとえむふじんがあらわれた

オタクな夫婦が書く日常とか思った事なんかのアレコレに思い出話とか。三人の子持ちです。

スポンサーリンク

【感想】漫画「乙嫁語り」を紹介したい(2)【イラスト】

お絵描き 雑文 漫画・アニメ 感想

f:id:mshimfujin:20170116032415j:plain

先月には新刊の9巻が出ましたので、その感想も交えて紹介したいと思います。

前回の続きになります。

blog.mshimfujin.net

あらすじ

19世紀後半の中央アジアカスピ海周辺の地域を舞台に、「乙嫁」をキーワードに、厳しい自然の中に生きる人々の生活と文化、時に人間の愚行を織り交ぜた物語を緻密で丁寧な画で描く。

乙嫁語り - Wikipedia

乙嫁とは古語で「若いお嫁さん」「可愛いお嫁さん」という意味。

乙嫁たち

タイトル通り乙嫁が何人も登場します。今回は三人紹介します。

乙嫁 シーリーンとアニス

f:id:mshimfujin:20170116020016j:plain

二人は「姉妹妻」という契りを交わした関係。結婚して子供のいる女性同士が、一生の親友としてお互い特別な相手になるというもの。

要するにママ友の凄いのという感じでしょうか。

高貴な身分やお金持ちの男性は一夫多妻制が許され、女性は外出時頭から布を被って顔を隠すところを見ると、女性はこの土地でも全く自由とはいかないようです。

そんな背景の中での「姉妹妻」という風習。女性同士支え合う中で、よりその関係を確実なものにしたい気持ちはわかります。(二人も大勢の立会いのもと式をあげた)

豊満な体つきで猫のような雰囲気のシーリーン、華奢で子供もいるのにまだ少女のようなアニス

アニスの熱烈な押しで姉妹妻となった二人に、直後ある出来事が起こります。それは二人の関係をまた変えてしまうことに・・・

丸々7巻この二人のお話なので、この巻だけ異色の雰囲気です。

最初は驚きましたが、何度も読むたび結婚している女性同士の関係について考えさせられ、また単純に二人が可愛いので好きなお話になりました。

乙嫁 パリヤ

f:id:mshimfujin:20170116000418j:plain

パリヤはアミルがお嫁に来てから初めて出来た友達。

まだ嫁にいっていないので乙嫁ではありませんが、結婚の支度を頑張っているところです。

でも結婚予定の相手ウマルにはなかなか素直になれずにいました。

今まで「女のくせに生意気」と言われ破談になっていたパリヤは、ありのままの自分では嫌われてしまうのではないかと不安で、どうにも上手く接することが出来ません。

父親同士が結婚について話し合う段階にまで進んだのですが、素の時の姿をウマルに見られて幻滅されたと思い込み、布団を被ってまた落ち込みます。

一方ウマルは、パリヤの行動を不思議に思いながらもパリヤのことをとても気に入ってるんですけどね。

f:id:mshimfujin:20170116002601j:plain

読者は、実は両思いなのを知っていてパリヤの頑張りを暖かく見守るという美味しい立場なのです。(笑)

結婚の準備、布支度

ここの土地では、嫁入り道具として、手ぬぐいや布団の覆い掛けなどたくさんの布を持っていきます。それ全部に刺繍をするので、女の子は小さいうちから作っておくのだそう。

刺繍の苦手なパリヤも、この布支度が終わらない限り乙嫁にはなれないので奮闘しています。

この刺繍の描写が好きです。

f:id:mshimfujin:20170116000632j:plain

物語には、イギリス人の研究者スミスがカルルクの家に居候として登場しています。

彼はこの刺繍について、「気が遠くなるほどの時間と手間と、そして想いと祈りが込められている」と記しています。

上のパリヤは、ウマルの事を想いながら嫁入り道具に刺繍をしているところ。

手が込んだものほど気持ちが込められているので厄除けとなり、乙嫁たちは大事な人の為にふんだんに刺繍を施したものを贈ります。

最新刊の9巻について(2017年1月時点)

そして続く最新巻の9巻は、丸ごとパリヤが主役です!結婚を実現するためにはどうしたらいいのかと悪戦苦闘する彼女に、二人きりで遠くへお使いに行くというチャンスが訪れます!

喜怒哀楽が激しいパリヤのお話は、勢いがあって読んでいて本当楽しいです。

相手との関係に悩むその姿は、現代の女の子と全く変わりなく応援したくなります。

9巻は特に後半が甘酸っぱくて甘酸っぱくて。

子どもたちが寝るまで我慢できずに読み進めてしまって、にやけた顔を見られてしまいました。

巻頭には番外編の四コマ漫画もあって、最初から最後までずっとテンション上がりっぱなしの一冊でした。

 

試し読みならこちらで20ページほど読めますよ

www.cmoa.jp

 

最新刊の9巻です。

もしよろしければこちらから購入していただけると有難いです。

スポンサーリンク


2週間無料です!
まずはお試しあれ〜!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

その他
PVアクセスランキング にほんブログ村