読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむしとえむふじんがあらわれた

オタクな夫婦が書く日常とか思った事なんかのアレコレに思い出話とか。三人の子持ちです。

スポンサーリンク

使用歴約2年のChromecastとAmazon Fire TV stickを使用感に絞って比較した

雑文 買い物 Amazonプライム

f:id:mshimfujin:20170105150020j:plain

 

先日のAmazon Cyber Monday Weekで安さに釣られてAmazon Fire TV stick(以下Fire TV stickと書きます)を購入したので、2年弱使っていたChromecastと比較してレポートを。使用感に絞ったレポートなので、どの動画サービスに対応してるなどは詳しく触れていません。

 

貼り付けてある画像はクリックすると拡大表示されます。

f:id:mshimfujin:20170105013004j:plain

Chromecastは2015年4月頃から使っています。

Huluのキャンペーンに当選して頂いたものです。

Huluさんほんまありがとう。

今後も愛用していきます。

ChromecastもFire TV stickも、代表的な動画配信サービス、例えばHuluやNetflix、dビデオなんかの大手なら大体対応しています。細かなところを見ていけば違う部分もあるんですが、そこは別なブログなりを見てもらって、今回は使い勝手に絞ってお話を進めていこうと思います。

ChromecastとFire TV stickの簡単なサイズと形状の比較

f:id:mshimfujin:20170105082914j:plain

HDMIケーブルまで含めてしまうとChromecastの本体のサイズは結構な大きさですが、実際はケーブル部分がくねくねと曲がるので全然気になりません。

Fire TV stickはHDMI延長ケーブルを付けることである程度フレキシブルに設置できるのは良いのですが、電源ケーブルをAmazonのロゴの下から突き刺すような形になっているので、下の画像のように置き方によっては融通の利かない形状かも知れません。

Fire TV stickChromecast

f:id:mshimfujin:20170105095932j:plain

f:id:mshimfujin:20170105095937j:plain

置き方が大分おざなりですが、Fire TV stickとChromecastを比べるとこんな感じ。

このテレビは壁掛けで、元々Chromecastを置いていた場所に無理やりFire TV stickを置いてみたのでイマイチなのは当然ですが、個人的には電源ケーブルをを刺す部分は後ろ(スティックのお尻の部分)にして欲しかった。

Chromecastの良い部分は操作性にある

Chromecastの操作性は非常にシンプルです。

何かを操作する特別な画面からChromecastの専用アプリを使って観るのではなく、iOSやAndroidのスマホやタブレットから各アプリをChromecastにリンクさせるだけです。

PCやスマートフォンの画面をテレビに映しているわけではないので電源を落としても映像が見られなくなるわけではありません。

対して、Fire TV stickは基本画面を見ながらコントローラーから操作するので、ここは大きな違いと言えます。

Huluの例

Huluの例を下に紹介します。

ChromecastのあるWi-Fi環境でiPhoneの「Hulu」アプリを立ち上げるとこんな感じ。

f:id:mshimfujin:20170105035429j:plain

f:id:mshimfujin:20170105035433j:plain

画面左の右上にあるキャストのボタンを押すと画面右の状態になり、「Chromecast」を選択し動画を選択すると、動画が再生されます。

早送りしたり、巻き戻ししたりもアプリで操作するので非常に楽ですよ。

あとは子供に動画サービスなんかを見せたくない、と言う時は親がスマホやタブレットを操作しなければ良いだけなので視聴のコントロールも容易です。

Fire TV stickにはスマートフォンアプリがある

Amazon Fire TV Remote App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

付属のコントローラーよりは楽だと思います。特に文字を打ち込む時はこちらが圧倒的に上。

使ってみるとアプリも呼び出せて結構便利といえば便利なんですが、端末のアプリから直接操作できるChromecastの方がお手軽感はありますよ。

ChromecastならPCのウェブブラウザの画面もミラーリング出来る

f:id:mshimfujin:20170105092908j:plain

このようにTV画面にブラウザを表示させることが可能です。

方法は簡単、下の画像のようにchromeのツールバーに出てくるキャストボタンを押すだけ。

f:id:mshimfujin:20170105093840j:plain

f:id:mshimfujin:20170105093845j:plain

映像だけではなく音声も流せるので、ブラウザをキャスティングする事で対応していない動画サービスも無理やり対応させることが可能です。

ただ、ミラーリングでブラウザの画面をキャスティングすると言う力技での動画視聴だと、802.11acの環境でも時折映像と音楽のズレが発生する事があります。

この場合はブラウザの画面を表示させているので、アプリケーションを落としたりPCを閉じたりすれば当然キャスティングも終了します。

Chromecasatでニコニコ動画を視聴する方法

ニコニコ動画は公式ではChromecastに対応していませんが、こちらのChrome拡張を使うことでPCのブラウザからならニコニコ動画を対応させることは可能です。

chrome.google.com

プラグインを導入すると、こんな感じのアイコンが。

f:id:mshimfujin:20170105104110j:plain

ニコニコ動画がChromecastに公式に対応してないのは不思議です。どうしてでしょう?

携帯端末から操作がしたい・・・。

Fire TV stickの将来性が明るくて恐ろしい

YoutubeのアプリではFire TV stickがキャストのボタンに対応しています。Google自らライバルに塩を送るとは・・・余裕の表れ?

しかし将来的に、他のアプリでの対応が進めばChromecastの操作感が良いと言う優位性が消えて行く気がします・・・。

f:id:mshimfujin:20170105040915j:plain

f:id:mshimfujin:20170105040919j:plain

他にも、大きな点で優位性があるのが「Amazon プライム・ビデオ」の存在。ライバルの動画サービスですが対応していないのは仕方ないとはいえ少し痛い。

Fire TV stickで「Google Playムービー&TV」が見られないのは、多くの人が気にならない・・・気がします。僕自身も利用していませんし。

4K対応版もある

Chromecast Ultraは4K対応版のChromecast。

同じように、Amazon Fire TVが4K対応版となっています。

価格では¥2,000程安いChromecast Ultraに優位性があるように思います。

¥9,720〜

¥11,980

Netflixを契約されている方で4Kテレビを持っている方なら購入の候補に上がるかもしれませんね。

まとめ

操作性はデバイスにインストールしてあるアプリから操作ができるChromecastはAmazon Fire TV stickと比べ、操作が非常に容易です。

Amazonプライム・ビデオはあまり見ない、他の動画サービスを中心に観てるって方ならChromecastの方が良い選択肢になると思います。

逆を言えば、Amazonプライム・ビデオは外せないって方はFire TV stick一択になりますね・・・。

 

テレビの動画視聴に便利なChromecast / Fire TV stick。

もしも未加入でしたら加入されてみてはいかがですか?良い作品が多数配信されていますよ。

2週間の無料体験もあります。もしよかったら、チェックしてみてください。

ではでは・・・。

 

おまけ

HDMI端子の入力が足りなくなって、HDMIセレクタも購入しました。入力のあるデバイスに自動的に切り替わるので、使い勝手はなかなか良いですよ。

f:id:mshimfujin:20170105143313j:plain

スポンサーリンク


2週間無料です!
まずはお試しあれ〜!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

その他
PVアクセスランキング にほんブログ村