えむしとえむふじんがあらわれた

オタクな夫婦が書く日常とか思った事なんかのアレコレに思い出話とか。三人の子持ちです。

スポンサーリンク

【写真】ラーゴス/Lagosの街を散策した時の写真を貼る(29枚) 2001年 ポルトガルの旅 1月11日

\フォロー!/
\シェア!/

サンヴィンセンテ岬から戻ってきた翌日の2001年1月11日、夕方までラーゴス/Lagosの町を観光しました。

 

blog.mshimfujin.net

 

ジル・エアネス広場/Pr. Gil Eanes 周辺

f:id:mshimfujin:20161011175406j:plain

ラーゴスは観光地なので、夏場は観光客で賑わいます。

f:id:mshimfujin:20161011175428j:plain

ファーロでもそうでしたけど、野良犬がこんな感じでいたるところに居ます。倒れてるんじゃなくて、寝てるんですよ。

カフェに入ってきて物欲しそうに見つめて来る事も、あげませんけどね。

f:id:mshimfujin:20161011175418j:plain

この像がジル・エアネスさんなんでしょうか・・・?よく調べていないのでわかりません。

ラーゴス郷土博物館

f:id:mshimfujin:20161011214708j:plain

ミュージアムのチケットと当時の地球の歩き方。下にある長細い紙はバスのチケットです。

f:id:mshimfujin:20161011175636j:plain

中はそんなに大きくなくて、このような形で展示されていました。展示室は幾つかありました。そのうちひとつがこちらになります。

f:id:mshimfujin:20161011175632j:plain

石器時代の出土品かレプリカかな?

f:id:mshimfujin:20161011175650j:plain

現代の町でしょうか。ラーゴスの様子です。

f:id:mshimfujin:20161011180139j:plain

地元のアーティストの作品だと思います。深く刻まれた皺が彼女の人生を物語るようです。

f:id:mshimfujin:20161011180150j:plain

後ろにラーゴスの崖が描かれています。

サント・アントニオ教会

f:id:mshimfujin:20161011180310j:plain

金箔の彫刻の細やかさが美しい。

f:id:mshimfujin:20161011180402j:plain

宗教的な絵画も飾られています。教会にあるステンドグラスや絵画は、大体が聖書の物語が順に描かれています。

f:id:mshimfujin:20161011180324j:plain

青の使い方が印象的な天井画。

f:id:mshimfujin:20161011180457j:plain

外観。中とは違ってスッキリとしたデザイン。青のタイルがポルトガルらしい。

f:id:mshimfujin:20161011180850j:plain

少し離れたところから。

路地

f:id:mshimfujin:20161011180908j:plain

ファーロ時とは少し違う雰囲気。

f:id:mshimfujin:20161011180918j:plain

向こうに見えるのは、地中海。

f:id:mshimfujin:20161011180948j:plain

こんな緩い坂を下りてきました。

f:id:mshimfujin:20161011181013j:plain

三輪車発見。今も現役なんでしょうか?

剥がれた壁がそのままにしてあるのも、良いなと思ってしまいます。

Praia dos Estudantes

f:id:mshimfujin:20161011181218j:plain

読み方がわからなかったのでそのままポルトガル語をタイトルに。プライア・ドス・エストゥダンテス?

f:id:mshimfujin:20161011181233j:plain

夏にはここが海水浴場になるようです。

f:id:mshimfujin:20161011181249j:plain

 

f:id:mshimfujin:20161011181307j:plain

何のための穴かはわかりません・・。古代の祭祀のためでしょうか?

f:id:mshimfujin:20161011190655j:plain

こんな雰囲気で海水浴が出来るのもラーゴスならでは。1月だったので誰もいませんが、それなりに温暖でした。

f:id:mshimfujin:20161011181407j:plain

先ほどの場所以外にも、海岸線には巨大な岩が海岸線に並んでいます。

f:id:mshimfujin:20161011181414j:plain

おそらく昔、人工的に穴が開けられたのでしょう。

バンデイラ岬要塞

f:id:mshimfujin:20161011181426j:plain

少し上から見ると要塞っぽくはありませんが

f:id:mshimfujin:20161011181449j:plain

 正面に回るとこんな感じ。

その他

f:id:mshimfujin:20161011181528j:plain

先々で気になるガソリンスタンド。ここはBPがやっていました。オイルのイメージです。

f:id:mshimfujin:20161011181614j:plain

列車の駅です。

ここから次の街へ。

列車に乗り込み空いた客室で一人座っていると、一人の少年が目の前に座った。彼はなんと旅をしながらクラブでDJをしているのだとか。見るからに若く(幼いともいえる)、聞けばまだ15歳、スヴェンと言う名前のドイツ人の少年だった。ドラッグばかりの毎日がイヤになって、ポルトガルには太陽に当たりのんびりすごしに来たらしい。とても早口でスラングを交えて話すので、僕の英語能力では彼の言葉が聞き取りづらく理解し難かった。どこか若い時のディカプリオに似てる気がする。

作曲は7歳から初め、今では自分の作ったデモテープをいろいろなクラブや会社に送っているのだそうだ。ポルトガルには会社の支援があって来られたのだと言う。ロンドンからポルトガルまで殆どヒッチハイクで来たのだとか。

自分の日記より。

次の街までは、こんな感じの男の子と一緒になり、ほぼ一方的に話しかけられていました。

 

スポンサーリンク


2週間無料です!
まずはお試しあれ〜!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

その他