えむしとえむふじんがあらわれた

オタクな夫婦が書く日常とか思った事なんかのアレコレに思い出話とか。三人の子持ちです。

スポンサーリンク

【教育】中学受験の為に進研ゼミをやらせて志望校を決めた話

\フォロー!/
\シェア!/

f:id:mshimfujin:20160721193546j:plain

 

こんにちは、えむしです。

 

勉強の事ばかり書いてましたが、本篇の前に軽く運動面の事も…。

現在f:id:mshimfujin:20160718190654j:plainえむおはダンスと体操教室にも通っていて運動自体は好き見たいです、でもハマって熱中してるわけでもないと言う雰囲気。体操はバク転に挑戦中なレベルです。

以前書いた友人関係もあってか、球技は苦手なようです。サッカーとか野球、何か球技がしたいって言うならさせてやるんですが、全然興味を示さないんですよ…。僕が好きなんでサッカーは何度か観戦に連れて行ったりしてるんですけどね。

 

松田道雄の「定本育児の百科」を読んで育てたので、暇を見つけてはこの十余年、子を外気に当ててきたのでそれなりに外には出して来たつもりなんですが…。

ああ、「外気」と「ならぬ」の松田爺の文体大好き…脱線したけどオススメの一冊です、今時代にそぐわないところも沢山ありますけどね。

素敵な松田爺のbot↓

twitter.com

blog.mshimfujin.net

進研ゼミでどうなった?

四年生の間、f:id:mshimfujin:20160718190654j:plainえむおはこれまでと同じように早朝5時〜5時半に目を覚まして進研ゼミの課題をこなしていました。日曜の朝にはweb授業もあり、これも殆ど欠かさず受講。欠かした時は火曜日以降にYouTubeで再放送があるのでそれで受講しなおしていました。

赤ペン先生のテストでは算数で満点近くを取った事もありましたが、大体が60〜80点位。四年生当時の全国統一の偏差値でいえば大凡50前後でした。分野ごとに得意不得意はありましたが、そもそも制限時間の間に全部解ききれてないんですよね。取れているところは満点だったりするんですが、語彙力の低さから国語はいつも成績が奮いません。偏差値が50どころか40を切る事もしばしばありました。国語は成績そのものよりも、読む速度と語彙力のなさが心配です。これは、本をあまり読んでこなかった事の弊害です。

進研ゼミ中学受験コースのメリットデメリット

一年間はそんな感じの様子でした。受験の準備の為の学力を高める為の一年間としては成功とは言い難いのですが、勉強の量が増えた事で早朝学習の意識が更に高まり当然の事としてやってくれるようになったのは成果の大きかった部分だと感じました。植木算とかつるかめ算みたいな古典算は少し楽しかったようです。

「赤ペン先生」の成績の推移を見ると上下しながらも点数は上昇はしました。理解不足のせいで突然成績を落としたりですとか安定しない部分もありました。この辺りは塾ですと先生から教えていただく事で回避できる部分だと思います。

進研ゼミでの学習は、どこが弱いかと言う弱点は見えてくるのですが、学習の形態上、それがあまり解決されないまま先に進んでしまうので、それが難点といえば難点です。そこを親がカバー出来れば良い形態になると思います。

デメリットを考えても四教科月7,000円は破格の安さだと思います。うちみたいにいきなり塾に行くのに尻込みされるなら、まずはこの辺りで試してみるのも手でしょう。

f:id:mshimfujin:20160725013152p:plainえむふじんがその気になった、そして…

日々課題をこなすf:id:mshimfujin:20160718190654j:plainえむおを見て、進研ゼミが続かないかもと言う杞憂はどこへやら、f:id:mshimfujin:20160725013152p:plainえむふじんも段々とその気になって来ました。全国統一テストで点数こそ取れませんでしたが、答えた部分は正答率が高く、習った後の理解度を測る「赤ペン先生」の問題では割とやれるようにはなって来ました、学校の成績も悪くありません。

「このまま地元の中学に行かせるのではなくチャレンジは出来るかも知れない」

3人も子供がいる我が家では学費の高い私立の中学に通わせるのは難しいのが実情。そこで考えたのが公立の中学です。

志望校は?

そんなわけで主に金銭的な理由から受験は公立の中学を選ぶ事に。我が家から通える範囲には大教大附属池田中と、神戸大学附属中があります。この二つが親にとっての志望校となりました。今のレベルからでも塾通いを始めれば合格圏内に入るチャンスは生まれるかも知れません。

当初受験を嫌がってたf:id:mshimfujin:20160718190654j:plainえむおも勉強を重ねるにつれ少しずつ前向きになったようで「灘中に行く!」と言い出しました。テレビでやっていた灘中のレゴ部に憧れを覚えたようです。上を目指すのは良い事なので「灘は凄いな!頑張れ!」って言っておきましたが心の中では「お、おう…」てな感じですよ。

 

灘中を本気で目指すと考えると成績は物足りないどころではありません。灘用の勉強をしなくてはいけませんからお金も時間もいりますね…そもそもスタートの段階で出遅れています。我が家の経済状況では受験に持って行くだけでも辛いです。

早朝から勉強をしているとは言え、毎朝の一時間だけと言う勉強のスタイルでは灘中に合格はおろか、戦いにすらならないでしょう。ちらっと調べたら過去問20年分を完全に出来る位の実力が必要だとか…

 

親の希望と息子の希望、どうなるでしょうか…?

スポンサーリンク


2週間無料です!
まずはお試しあれ〜!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

その他